首イボを取る治療法や薬

スポンサードリンク

首のイボの原因・正体

首のイボの種類はは様々ですが、ほとんど『アクロコルドン』
『スキンタッグ』が首のイボの正体であることが多いようです。

 

首 イボ,首のイボ,薬,治療法,取る,除去,原因

 

実は、首に出来るイボの発生原因は今のところ詳しくは分かっていません。

 

ただ、首のイボが発生する傾向としてため
紫外線も首イボの原因という説もあります。

 

 

年齢

年齢的には10代、20代にはほとんど首のイボは発生しません。
30代以降になると、肌が薄くて弱い箇所に発生する傾向があり

 

中高年になると首のイボの発生する確率はさらに高くなります。
そのため、発生原因は加齢からくる皮膚の老化とも言われています。

 

 

発生箇所・タイプ

なお、首だけでなく、目の下、脇の下、胸、デコルテなどにも
同様のぶつぶつが発生する場合があります。

 

この首のブツブツの種類には以下のとおり2タイプあり
ウイルス感染(尋常性疣贅や伝染性軟属腫)タイプと
ウィルス性ではない非感染症タイプがあります。

 

多くの場合非感染症タイプのイボで良性腫瘍ですし、特に深刻な病気
というわけではないのですが、見た目が気になったり、首のイボ自体
邪魔と感じることが多いようです。

 

皮膚科で首のイボの除去依頼をすると物理的に
これらのイボを取り除いてくれますが

 

イボができやすい体質の方の場合はたとえ除去しても
再発するケースも多いようです。

 

なお、自宅で行う場合、首のイボ専用のオイルや軟膏を使う方法があります。

 

 

オールインワンジェル タイプ

コストパフォーマンスに優れ美肌成分も含んでいる人気のオールインワンジェル
首のポツポツが「ポロリ」【艶つや習慣】が今なら公式サイト限定で2,052円(税込)〜
※艶つや習慣は公式サイトのみで販売しています。
首のイボがポロリ。人気の艶つや習慣公式サイトはこちら >>
20160121追加

 

杏仁オイルタイプ

首のポツポツをなくしてくれるとは思えないほどおしゃれで素敵な杏仁オイル
各メディアでも取り上げられ、累計150万本のヒット商品です。
首のポツポツ専用杏仁オイルはこちら >>



市販薬

イボで市販薬といえば、イボコロリが思い浮かぶのではないでしょうか。

 

イボコロリは医師の処方なく使える薬ですが、使用には注意が必要です。

 

イボコロリの注意事項に「顔や首筋、粘膜のある部位には使用しない」
とあることから首のイボには使ってはいけない警告がされています。

 

また、老化現象で発生するイボ(アクロコルドンやスキンタッグ)
には効果がないとされているため注意が必要です。

 

イボコロリ禁止事項

首 イボ,首のイボ,薬,治療法,取る,除去

 

ですので、イボコロリは首のイボ(アクロコルドンと
スキンタッグ)に対して使ってはいけない薬です。

 

 

首のイボ

お肌ケアや首のイボに良いとされる成分に『ヨクイニン』があります。
聞きなれない名前ですが、はと麦の実に多く含まれている成分のひとつです。

 

内服薬としても、皮膚科の先生からも勧めてくれるほど
ヨクイニンは皮膚科でも一般的な治療法のひとつです。

 

このはと麦に多く含まれるヨクイニンが入った軟膏クリームを
使うことで、首のボツボツの除去をサポートしてくれます。

 

このはと麦をつかった軟膏を「ぽっつるん」と言います。
医薬品ではないため、即効性があるタイプではありませんが
徐々に効いてくるタイプです。

 

人気の首専門のイボの薬は以下のとおりです。

 

 

オールインワンジェル タイプ
オールインワンジェル タイプ

コストパフォーマンスに優れ美肌成分も含んでいる人気のオールインワンジェル
首のポツポツが「ポロリ」【艶つや習慣】が今なら公式サイト限定で2,052円(税込)〜
※艶つや習慣は公式サイトのみで販売しています。
首のイボがポロリ。人気の艶つや習慣公式サイトはこちら >>
20160121追加

 

杏仁オイルタイプ

首のポツポツをなくしてくれるとは思えないほどおしゃれで素敵な杏仁オイル
各メディアでも取り上げられ、累計150万本のヒット商品です。
首のポツポツ専用杏仁オイルはこちら >>



 

 

 

切除

自宅で首のイボを切除することはできますが
むやみに切り取ってしまうとかえって悪化させる可能性がありますので
切除を行う場合は医師の判断のもと適切に切除して下さい。

 

続きを読む≫ 2014/09/03 21:26:03

首 イボ,首のイボ,治療法,治療費

 

良性の首のイボの多くは、小型のアクロコルドンとスキンタッグです。

 

アクロコルドンは小さく、あまり盛り上がっていない褐色のイボにたいして
スキンダッグはアクロコルドンより少々大きいタイプです。

 

アクロコルドンは数ミリの平べったいイボに対して
スキンダッグはゴマ粒から米粒大の突起したイボが特徴的です。

 

皮膚科で行う首のイボの代表的な治療法は以下のとおりです。

 

治療法の種類

首のイボで小型のタイプであるアクロコルドンやスキンタッグの場合
主に以下の3タイプで除去治療を行います。

 

液体窒素

マイナス200度ほどの超低温の液体窒素でイボを凍結させます。
凍結されたイボは数週間ほどで自然に取れてしまいます。

 

ハサミで切り落とす

スキンタッグのように突起したイボをハサミで切り取ります。
小さいサイズであれば、出血もないことがほとんど
首 イボ,首のイボ,治療法,治療費

 

炭酸ガスレーザー

アクロコルドンのような平べったいタイプを瞬時に蒸発させる治療法です。

 

内服薬

ハトムギから抽出したヨクイニンという薬は免疫力を高める効果があり
服用することで吹き出物やイボに効果があるとされています。
効果は人によってまちまちで、長期戦を強いられることもあるようです。
首 イボ,首のイボ,治療法,治療費

 

レーザー治療

費用は高いものの、後も残りにくいし、再発もしにくいタイプのため
人気のある治療法です。

 

治療法によって、保険の適用有無が異なるため、費用が気になる方は
皮膚科に相談の際に、保険の適用有無も相談するとよいでしょう。

 

 

 

楽天で人気の首のイボ専用のオイル・軟膏はこちら>>

続きを読む≫ 2014/09/03 20:45:03
失敗例

首のイボは加齢とともに増えていくことが多いようです。

 

20代くらいで首のイボを気にする人はとても少ないのですが
30代中盤から首のイボが目立ち始める方が増えてきます。

 

首のイボは実に厄介で、皮膚科にて液体窒素で焼くことができ
焼いたあとは、きれいになくなるのですが、後にまたイボが首の周りから発生してくることがあります。

 

皮膚科で対応してもらうと、液体窒素の除去作業で500円から800円程度(保険証で3割負担の場合)
追加で初診料や再診料も加えるとそれなりのお値段になります。

 

炭酸ガスレーザーによる治療もありますが、こちらは保険がきかないことが多く
1個の除去作業で300円ほどかかることがあります。

 

失敗例として、皮膚科で物理的に除去出来るのであれば
自分の爪やハサミで切ってしまうかたが実は大変多いです。

 

確かに、爪やハサミでとっても血が出ないこともありますが
結果、再発してしまうことがあるようです。

 

ただし、自分で首のイボを除去した結果、血が出たりしてしまい
後ほど後悔されている方も多いため、医療機関などに相談することが
首のイボに対する理解を深めるのにも大変重要です。

 

 

 

楽天で人気の首のイボ専用のオイル・軟膏はこちら>>

続きを読む≫ 2014/07/08 18:48:08

自宅でスキンタッグを除去する方法

 

世界各国で知られている首のイボ向けの民間療法を集めてみました。

 

スキンタッグの色には、肌色、やや茶色、紫、黒など様々な色がありますが
こちらで紹介する方法は肌色、やや茶色のスキンタッグにご利用下さい。

 

 

ティーツリーオイル

ティーツリーオイル

ティーツリーオイルはお肌の不調や改善でもおなじみなのですが、スキンタッグやホクロのケアもサポートをしてくれます。
こちらのティーツリーオイルを使用する前に、水に浸したコットンパフを使ってスキンタッグをきれいに拭いておきます。
ティーツリーオイルをコットンパフに3滴染み込ませ、円を描きながらスキンタッグに塗布していきます。
1日1〜2回行い、1週間から10日を目安にお試し下さい。

 

 

カスターオイル(ひまし油)

ひまし油

カスターオイルは大変万能なオイルで、内服にも外用にも活用することが出来ます。
カスターオイルと重曹を混ぜてペースト状にします。
このペーストは少々においがきついかもしれませんので、シトラスオイルを混ぜるとよいでしょう。
出来上がったペーストを患部に塗り、バンドエイドなどで覆っておきます。
毎日繰り返し、2〜4週間を目安にお試し下さい。

 

 

リンゴ酢

リンゴ酢はスキンタッグを除去するのにはとても効果的です。
コットンパフなどにリンゴ酢を適量染み込ませて、スキンタッグに適用します。
適用後数分はお肌がひりひりするかもしれません。
毎日繰り返し、2〜4週間を目安にお試し下さい。

 

 

バナナの皮

バナナの皮はスキンタッグによい治療法です。ご利用の際にはバナナの皮を小さく刻んでおきます。
刻んだバナナの皮を患部に当ててしっかりバンドエイドで止めておきます。
バナナの皮がしっかりスキンタッグにくっついていることに注意しながら、スキンタッグが取れるまで毎晩繰り返します。

 

 

たまねぎジュース

玉ねぎジュース

たまねぎを細かく刻み、塩をいれ、ビンなどにいれておいて一晩ねかせます。
塩たまねぎからジュースを絞り出し、夕方にスキンタッグのある患部に塗布して覆っておきます。
朝起きたらお湯ですすいでおきます。
この作業を毎晩1週間継続してみてください。

 

 

パイナップルジュース

パイナップルジュースもスキンタッグを除去するのに良い治し方です。
1日2〜3回パイナップルジュースをスキンタッグに塗布して、1週間から10日ほどすすがないでおきます。
この方法で次第にスキンタッグがとれていくことでしょう。

 

 

アロエ

アロエジェル

アロエはお肌のコンディションを整えるのには最適の植物です。
使用方法は直接アロエをスキンタッグに適用します。
アロエを含んだ化粧品が多く販売されている通り、お肌の不調を改善する効果がアロエにはあります。
なお、クログルミのペーストとアロエのジェルを混ぜ込んで使用するとより早くスキンタッグを除去することが出来るようになります。

 

 

 

楽天で人気の首のイボ専用のオイル・軟膏はこちら>>

続きを読む≫ 2014/06/18 15:27:18

スポンサードリンク

艶つや習慣