首イボ治療で成功するには

首のイボは加齢とともに増えていくことが多いようです。

 

20代くらいで首のイボを気にする人はとても少ないのですが、30代中盤から首のイボが目立ち始める方が増えてきます。

 

首のイボは実に厄介で、皮膚科にて液体窒素で焼くことできれいになるのですが、後にまたイボが首の周りから発生してくることがあります。

 

皮膚科で治療してもらうと、液体窒素の除去作業で500円から800円程度(保険証で3割負担の場合)追加で初診料や再診料も加えるとそれなりのお値段になります。

 

炭酸ガスレーザーによる治療もありますが、こちらは保険がきかないことが多く1個の除去作業で300円ほどかかることがあります。

 

失敗例として、皮膚科で物理的に除去出来るのであれば自分の爪やハサミで切ってしまうかたが実は大変多いです。

 

 

確かに、爪やハサミでとっても血が出ないこともありますが、黒ずみなどのあとが残ったり、感染症を起こしたりする場合があり後悔する場合があります。

 

このように自己処理で失敗しないためにも医療機関に相談し、首のイボに対する理解を深めることがとても大切です。

 

首イボをなくす4つの治療法


首のイボをなくすためには、ヨクイニン入り内服薬や首イボ向け化粧品でしっかり自分でケアする方法もありますが、クリニックで除去する方法も選択できます。
以下、代表的な首イボをなくす具体的な4つの治療法をご紹介します。


1.塗り薬


2.飲み薬


3.化粧品


4.クリニック(医療機関)


 

 

首のイボベスト4ボタン